ハナ銀行信用融資 ハナワンキュー信用融資

いわゆる借金だらけの融資を防ぐため、政府の信用融資規制が続いた昨年のことでした。 無理に融資を受けた資金が投資に使われ、魂まで集めた融資という言葉を表す単語だったのですが。 無分別な利用を防ぐための特段の措置でしたが、2021年1月から新韓銀行を筆頭に信用融資の再開に突入しました。 ですから、今日は都市銀行の信用貸し出し種類について見て、条件及び資格についても見ていく時間を持ちたいと思います。


市中銀行の範囲

まずは都市銀行の範囲にどのような銀行が属しているのかについて調べてみます。 ノンバンクの銀行が属しているんですが 新韓銀行、国民銀行、企業銀行、ウリィ銀行、ハナ銀行などが属しています。


都市銀行を利用しなければならない理由です。

融資を初めて受ける方は、必ず第一金融圏の都市銀行から調べなければなりませんが、理由は、最も低廉な金利であることは当然のことであるだけでなく、信用格付けに及ぼしかねない否定的な影響を最小限に抑えるためです」

信用貸し出しとは何ですか。

では、信用貸付とは何でしょうか?文字通り、個人の信用度だけを持って受ける貸付のことです。 反対の例として、担保ローンの場合、不動産や車両など本人が所有する物のうち、お金で価値を換算できる物に質権を設定した後、正しい償還が行われなかったり、貸付金の滞納が生じた際に担保物品の所有権が債権者に渡されます。


都市銀行の信用貸し出しの種類です。

それでは、都市銀行の信用貸し出し種類についてご紹介いたします。


1.新韓(シンハン)銀行の信用融資、내구제 「得やすい会社員向け会社員融資S

新韓銀行が指定した会社に在職中の会社員に金利と限度優待が適用される会社員貸し出しです。 当行が要求する会社に1年以上在職中でなければならず、年間所得2千800万ウォン以上でなければならないのですが。 マイナス通帳として使用する場合は最大限度額が1億ウォン、満期日時返済の場合は1アール5千万ウォンまでの限度額が適用されます。 1年間の貸付期間で最大10年まで1年単位で延長が可能ですが、金利の場合、基本金利-優遇金利の値として策定されます。

2.国民銀行の信用融資、KB Starの信用融資です。

会社員と国民銀行がメインバンクである顧客のための貸出商品で、一つの職場に1年以上在職していなければなりません。 優待金利を満たさなければならない条件がなく書類提出過程が複雑でないので簡単に利用できるという長所があります。 国民銀行独自の書類審査が不可能な場合、別途必要となる書類があることがあります。 最大限度は2億ウォンであり、所得水準または期待出有無などの審査結果によって限度が適用されることがあります。

3.企業(キオプ)銀行の信用貸し出し「i-ONE」

企業銀行に給与振込されているお客様を対象に販売する商品です。 庶民労働者及び中小企業の労働者が受けることができます。外部の信用格付け点数(ナイス:600-749、オールクレジット:520-689)が低く、所得が少なくても貸付が可能です。 新規顧客の場合0.1%pの金利優遇も受けられますが。 マイナス通帳または一時償還のどちらかを選択でき、貸付利用期間は1年です。 限度の場合は、最小100万ウォン~最大5000万ウォンの間で、個人の信用等級と所得水準によって差をつけて適用されます。

4.ウリィ銀行、ウリィ非常金貸し出しです。

都市銀行の信用貸し出しの種類であるウリィ銀行です。 通信3社(KT, SKT, LG U+)を利用する顧客を対象にする非常金貸付です。 へそくり融資の特性上、最大限度が300万ウォンと定められているので別途の審査が行われないのですが。 1年の貸付期間を有し、信用等級が1等級から6等級のお客様なら誰でも利用できます。 しかし、ウリィ銀行の貸付商品利用中に延滞内訳があったり、内部審査基準を通過しない場合は、貸付利用に制限がある場合があります。

5.ハナ銀行信用貸し出し、ハナウォンQ信用貸し出しです。

現在の職場在職期間が6ヶ月以上で、国民健康保険会社員加入お客様を対象にした商品です。 「健康保険料の正常納入期間も同様に、少なくとも6ヶ月を超えなければなりませんが…」 一時償還またはマイナス通帳の利用が可能で最大限度額が1億5千万ウォンですが、50万ウォンから10万ウォン単位で利用可能です。 最大1年間ご利用いただけます。
このように今日は都市銀行の信用貸付種類について勉強し、各商品の条件と資格についても紹介しました。

Leave a Comment