孫興民がユベントスに合流すれば、世界最高のFWとして

レアル·マドリードのMFフェデリコ·バルベルデが最近集計された「中央MF市場価値リスト」で最上段に名前を載せた。

ドイツの<トランスフェルマルクト>によると、バルベルデはセルゲイ·ミリンコビッチ-サヴィッチ(ラツィオ)、レオン·ゴレツカ(バイエルン·ミュンヘン)とともに7,000万ユーロ(約936億ウォン)の年俸を記録し、同ポジションで最も高い選手と評価された。

ウルグアイ出身のバルベルデは現在22歳で、世界で指折りのMFに数えられている。 レアル·マドリードのカスティーヤで成長し、デポルティーボ·ラ·コルーニャでレンタル生活をしながら実力を磨いた。 今はジネディーヌ·ジダン監督率いるレアル·マドリード1軍で重要な人材とされています。

一方、バルベルデは今から4年前に韓国に来た時、議論の中心に立ったこともあります」 ウルグアイU-20代表チームの一員として2017 FIFA(国際サッカー連盟)大韓民国U-20ワールドカップに参加したバルベルデは試合中に目を引き裂くセレブレーションを披露してひんしゅくを買った。 手で目を長く垂らす行為はアジア人の人種差別と誤解されかねない危険な行動です。
専門家が一様に欠点が見当たらない「全天候型打者」と口をそろえています。 そして毎年「進化する打者」ともいいます。 プロ野球歴代最高打者になれる資質を備えているという評価とともに、すでに最高打者に上がったという言葉も躊躇しない。

キウムヒーローズの李ジョンフ(23)に対する言葉です。

21シーズンはプロ野球5年目に過ぎないが、すでに自他が公認するプロ野球最高打者の仲間入りをした彼は、まだ誰も踏むことのできなかった新しい道に向けて、一歩のように歩いているところだ。

イ·ジョンフはデビュー初年度の17年、552打数179安打で打撃13位(打率3割2分4厘)、得点3位(111点)、最多安打4位に上がって新人王を手にした後、18年、打率3割5分5厘(459打数163安打)で3位、19年、3割3分6厘(574打数193安打)で4位、20年、3割3分3厘(544打数181安打)で打撃6位を維持したなど、この3年間打撃ランキングトップ10をキープした。

2019年には最多安打でホセ·フェルナンデス(斗山)に4本遅れて2位に上がり、2020シーズンには2塁打1位(49本)に初めて二桁の数字ホームラン(15本)まで放ち、中長距離打者に変貌する姿を見せてくれた。

イタリア·セリエAの名門ユベントスが孫興民(ソン·フンミン、29、トッテナム·ホットスパー)の迎え入れに関心があるという現地報道が出た。 ユベントスは孫興民のロールモデル、クリスティアーノ·ロナウド(36)がプレーしているクラブです。

イタリアメディア「カルチオ·メルカト」は14日(韓国時間)、「ユベントスが孫興民を迎え入れるためにすべてのことをしようとしています。 アラン·ラムゼイ、ダグラス·コスタ、フェデリコ·ベルナルデスキの両選手がチームを去る可能性がある」と報じた。

推測性報道ではありますが、現在孫興民が直面した状況を見ると、全く不可能なシナリオでもありません。

23年夏までトッテナムと契約している孫興民は、今季のスタートで再契約するだろうという報道が相次いだ。 球団が最高の待遇を約束した」という内容も盛り込まれている。 租税・モウリーニョ監督も、再契約を既成事実として受け入れました。 契約期間が問題だったが、簡単に解けると思います。

しかし最近、再契約のニュースは耳に入った。 双方の合意の下、再契約交渉が見送られたとされている中で、新種コロナウイルス感染症(コロナ19)の拡散でトットナムは財政的に厳しいという話が流れている。 「孫興民(ソン·フンミン)が移籍説が流れている理由です。 資金繰りがままならないトッテナムが選手団を再編する過程で、孫興民を放出する可能性もあるとみられている。

カルチオ·メルカトウは「ユヴェントスは孫興民を獲得するため9000万ユーロ(約1208億ウォン)を用意した」と伝えた。 스포츠중계 アーロン·ラムゼイなど3人の選手を整理することになれば、孫興民を獲得できる資金を調達できるという構想です」

「ワールドクラス」と評価されている孫興民は、今シーズンの全大会を通じて17得点、13アシスト(攻撃ポイント30点)を挙げ、注目を集めている。 もし孫弘敏がユベントスに合流すれば、世界最高の攻撃手に挙げられるロナウドと呼吸を合わせることになる。

Leave a Comment